転職先でのトラブルの対処法

転職早々は仕事がなくてヒマである。

これはもっともな話です、入社をしてからわずか2、3日で、 大切な仕事を任されるということはないはずですからね。

せいぜい仕事に必要な資料や図書類に目を通すように言われる。 またはメインの仕事をする誰かの補助的な事を頼まれる程度でしょう。

会社の考えは、仕事の進め方や社内のルールを知らないうえに、 周囲との会話もとれない状態で、勝手に行動をされるのは困るのです。

そして仕事の能力でも、応募書類や面接などを通じて一応の 判定はつけたものの、実際のところは、その人の本当の能力を 把握しているわけもないのですから当然のことです。

会社によって異なりますが、入社して1週間くらいは、 その会社での仕事の進め方を習ったり、 同じ部署で働く同僚たちとの人間関係を築き上げるための、 慣れる時間だと考えましょう。

その間に、自分の配属先以外の部署や各種施設の配置なども 覚えておきたいところなのですが、一人でどこでも歩き回ると 不信人物に見られてしまう恐れがあるので、 上司または同僚、あるいは人事担当者と共に行動しましょう。

このときに、各部署の所属長に会わせてもらえると、 その後自分が仕事する時に大いに役立つことになるでしょう。

上司が自分より年下で仕事がやりにくい
能力主義や実力主義が徹底されている会社では、 年齢や就業年数に関係なく課長や部長へと出世している人がいます。

また設立してから期間が短いベンチャー企業などの場合は、 設立メンバーで20歳代にも関わらず取締役という人がいます。

年齢だけで考えれば、自分より歳が若い人を上司であるという状況は 大変やりにくいかもしれません。

こう言った場合では、年齢で見るのではなく職務能力や社歴で考えると、 そういった事態を意外とすんなり受け入れられると思います。

その会社では自分よりも長年の実績を積んでいるのだから、 入社したばかりの自分が下でも当然であると考えられるのです。

むしろ、かつてのように年功序列で幅をきかせた頃のように、 歳をとっているという理由だけで出世する上司が上にいて、 その上司の仕事に対する無能ぶりを嘆くよりはずっといいはずです。

自分より若くても仕事が出来て出世した人が上司である職場の方が、 仕事をする環境としてはずっと良いと思われます。

また同僚を見ても、自分より年齢が下でも、 社歴が長いという人がほとんどだと思います。

そんな彼らに対し、自分より年下だからといった態度で接すると、 思わぬ反発を食らい孤立してしまうこともあります。

入社してしばらくの間はたとえ年下であろうと 会社では先輩という意識を持って相手に接することが必要です。