転職先での仕事の度量

仕事の進め方た会社のルールを早く覚える

転職の場合、仕事の進める方法を教えてもらえないと考える。

転職した会社で、その職種が未経験の場合などは、 職種にもよりますがOJTあるいはoffJTによる導入研修が行われます。

しかし、職種経験者として転職したのであれば、 そのような研修は無いと思っていいでしょう。

なので教えてくれてもせいぜい、アウトライン程度です。

経験のある職種仕事を別の会社でするにしても、 その会社ごとに仕事の進め方が異なっていたり、 取り扱い商品や顧客対象なども違う場合が多いものです。

転職しても最初のうちは、どこから手を付ければいいのか分からず とまどうことが多々あるはずです。

会社で研修が無いのであれば、 自分自身で仕事の進め方を覚えていくしかありません。

商品知識や最新技術などを与えられた場合に、 資料だけで理解できなければ、上司や同僚に質問をどんどんして、 中途半端にしないで自分に必要な情報をたくさん吸収しましょう。

同僚の仕事の仕方を観察してみるだけでも、 その会社の仕事の基本的なルールを把握することができるでしょう。

いきなり自分の技量では余る仕事を頼まれた場合は 仕事に慣れるまでは、簡単にできるような補助的な仕事が中心になります。

しかし、ときには、これまで自分が経験したことのないような 難しい仕事を依頼されたり、一つひとつの作業は簡単でも、 残業しなければとてもこなせない程の量の仕事が与えられることもあるでしょう。

このような事をする理由の一つとして、 当人の技量や問題解決の方法を確認するためであったり、 途中でその仕事を投げ出さないという意気込みを 持っているかどうかを試したりするものです。

高度な仕事では、会社の考えとしては、 それを完遂できなくても構わないと思っているはずです。

ポイントは、その仕事をあなたに与えられたときに、 最初から「できない」とお手上げ状態になってしまうのか
それとも、いろんな手段を駆使して情報を収集して、 周囲に教えてもらうなりして、 その仕事をなんとかしてやり遂げようと努力をするのか。

そこが一番大切なポイントになるのですから、手に負えないなどの泣き言をいわずに、 残業や休日出勤をしてでもやりとげるという意欲を見せるべきです。