転職で受かる履歴書の書き方

履歴書の基本的なことをチェックしてみましょう

【受かる履歴書の書き方とは】

(1)文字が丁寧であること
決して文字が上手である必要はないのです。 ゆっくり、丁寧な文字を書けば下手な人でも、問題ない程度のものが書けるものです。

(2)内容の使いまわしはしないこと
志望動機がどの会社でも使えるような言い回しで書いてある人がいます。 これはいけません。

(3)誤字、脱字を防ぐため、推敲を重ねること
誤字、脱字が心配な人は信頼できる人に履歴書のチェックをしてもらうとよいでしょう。 注意点としては、絶対に修正液を使わないことです。

(4)履歴書のレイアウトはスッキリ型が最適です
得意な科目などの欄には、転職時にあまり関係のない項目の多いものは使わないこと。 フォーマットを使用して、パソコンによって自分で作成するのも良いでしょう。
なお転職エージェントを使用した場合は、履歴書が不要になるケースが多いものです。 転職エージェントが保持しているフォームは、企業側にとっては重要な情報が 網羅とされているので最適です。

(5)写真は写りの良いものを、ただし作り込みは禁物です
スピード写真を使用するのはやめましょう。 できることなら、写りの良いものを使用します。 写真を撮る時の服装は面接と同じように清潔感のあるものを心がけましょう。
髪型も服装と同様です。 写した写真を修整してくれるサービスなどもあります。 ただし修整のやりすぎは禁物です。 面接で実物と写真の違いを突っ込まれることもあるようです。

(6)志望動機は簡潔にまとめること
なぜその業界を希望したのか?
なぜその会社かに入りたいのか?
なぜその仕事を希望したのか?
など、ポイントをまとめて簡潔に書きましょう。

(7)自己PRは4つのポイントに絞って書くこと ・その会社が求めている技量を意識した内容
・自分が他人と比べてどの部分が行動レベルで優れているのか
・上記2点を補足する具体的なエピソードを書く
・同じく、上記2点を補う具体的な数字(○%達成など)がわかるようにすると なお一層良いでしょう