転職時の履歴書の書き方

職務経歴書の書き方が大きなポイントになる

履歴書の書式はインターネットで検索すれば簡単に見つかります。
どの書式でも大きな違いはありませんのでどれでも使用できます。 面接に受かるには職務経歴書が大事になります。

職務経歴書を書くための重要なポイントは、自己分析とPRです。 とくに、大切なポイントは以下の5点です。

【受かる職務経歴書の書き方はこれである!】

(1)論理性
自己PRを結論にする。 その理由が流れに沿った文章になっているのか、わかりやすい文章になっているか。 文章の間違いはもってのほかですから何度も見直しましょう。

(2)具体性
抽象的すぎることは厳禁である。 あなたが会社で働く姿を、相手によりリアルにイメージ させることができる内容が最良でしょう。

(3)オリジナリティ
あなたの書いたエピソードが他人と比較して印象的であるかどうかが大切です。 特別なエピソードが無い場合でも、文章の書き方で経験や能力が高いことを アピールすることが合否を決めます。

(4)成功体験
自分が今までの仕事の中で最も成功したと思うものです。 その「仕事の成果」のプロセスを書きましょう。 そのプロセスで発揮した「能力」や「方法」が 応募した企業でも使えると思われるような内容が最良です。

(5)自分の強みと弱み(課題)両方を書く
自分の強みは全てアピールするべきですが弱みも明記すべきです。 自分の弱みについてしっかりとコメントできる人は少ないのです。 だからこそ、しっかりと自分の弱みも出しましょう。 自分の弱みがわかっている人は、自分の課題を理解しているということです。 ピーター・ドラッカーも、弱みのない人間はいないといっています。 人間は誰でも弱みがあって普通なのです。