転職の面接で「退職理由」を聞かれたら

退職理由を答えられるように考えておく

面接というのは緊張するものですね。
はじめての転職の際に受ける面接もそうでしょう。 それを全く緊張することなくこなせる人はいないと思います。

緊張する理由はいろいろあると思われますが、そのひとつに、
『答えを返しにくい質問をされたらどうしようか』 というものが考えられます。

『本音を話すと評価を落としそうだし、しかし嘘もいけない』、
迷っていると頭の中は真っ白になり、答えに窮してしまい、 しどろもどろな返答になってしまう事がありますね。

思いついたことを返答したことによって、 面接担当者達の心証を損なう恐れも十分考えられます。

そういうことにならないように「聞かれては困る」と思う質問に ついては、あらかじめ答えを用意しておきましょう。

ひとつ例をあげてみましょう。面接で必ず聞かれる質問で、 『どうして前の会社を辞めた(辞めようと思っている)のですか?』 というものがあります。

これについて対策を考えてみます。

企業が面接で「退職理由」を聞く理由とはなんでしょうか?

それでは次に、なぜ面接担当者が退職理由を聞くのかということを その質問の意味を理解することからはじめましょう。

その理由とは

その企業があなたを採用しても、前の会社の退職理由をわかっていないと、 また同じ理由で辞めてしまう可能性があるからです。

退職のきっかけになった不満を、我が社で解消できるのだろうか? (うちの会社に入社することによって、あなたが幸せになれるのだろうか)

このようなとことを確かめるための質問なのです。

退社の理由を例えると、 応募者が「残業が多く、自分の体力がもたない」と語ったとします。

もし面接を受けに行った会社も残業が多ければ、 「この人は、うちの会社に来るべきではない」と判断するのが当然ですよね。

この例は、分かりやすいですが、微妙な例えとして、 「前の会社では人間関係がうまくいかなかった」という理由の時です。

確かに、人間関係での悩みは、転職することによって環境が変わり 解消することができるように思えます。

この理由が転職理由として最も多いのですが、簡単に口にしない方が無難です。

人事担当者が「うちの会社は、アットホームでみんなとても仲がいいから大丈夫だよ」 なんて親交的な反応をしてくれる人であればいいのですが、そうそういきません。

ほとんどの人事担当者は、実際にはこう思うでしょう。

「人間関係の悩みは、どこの職場でも絶対にあるはずだ。 この人は、人間関係がうまくいかないとすぐに逃げ出してしまう人なのだろうか」 というように、あまりいい印象をあたえないです。

「本当に人間関係が原因であり、それ以外の原因が見当たらないし…」 と思うかもしれませんが、ほんの少し答えの表現を変えることにより、 同じ内容を話していても、印象を変えることができます。