転職先での人間関係の注意点

転職したときは気配りをして偏らない交流を心がける

特定の人とだけ親しくしてはいけません

入社当初では、初めて顔を合わせる人ばかりですから、席がたまたま隣り合わせになった同僚や、 仕事の分担をしている人と話す機会が多くなります。

そんなことから、彼らと仲の良いグループに誘われて酒を飲みにいったりなど、 プライベートでの付き合いも始まっていくものなのです。

しかしながら、入社して随分時間が経過しても特定の数人だけと付き合っているのはいけません。 それ以外の他の社員から敬遠されることに繋がります。人間関係の輪が広がらないこともあります。

また、酒の席にはよくある光景ですが、その場にいない同僚や上司などのうわさ話や、 ときには非難の声が出たりする場合がありますね。そんな話を聞かされていると間違った先入観を植え付けられることになるかもしれません。

同じ職場でも、ウマの合う人と合わない人が当然います。 会社の全員と仲良くすることが出来る人はいません。その必要もありません。 しかし、変な先入観に惑わされていると大変な損をする場合があります。 しばらくはどこでも誰にでも良い顔をした方がよさそうです。

他人への配慮を忘れずに

入社早々は自分にあまり仕事はなく、あるとしても雑用に近いものが多いです。

上司にしてみれば、人事担当者から新入社員の情報をある程度得ていても、 その力量がどれほどなのかわからないうちは本格的な仕事を指示することは できないということでしょうか。

だからといって、同僚が忙しくしているのを見て見ぬふりをして、 終業時間になればさっさと帰るというのではいけません。「気が利かない」人というようなレッテルを貼られてしまうことになるかもしれません。悪い印象を持たれて得することは何もありませんね。

自分の仕事が片づき、手が空いているのなら、上司に指示される前に、 「何かお手伝いすることはありませんか」と自分から進んで声をかけましょう。もしそれが残業になったとしても嫌がらず気前よく行動しましょう。

もし、申し出ても手伝えるような仕事がなくて、先に帰ることになったときには 「お先に失礼します」と挨拶だけはしっかりするようにしましょう。

そんな気配りができるかどうかで、あなたのその後の人間関係が決まる といっても過言ではありません。仕事は一人ではできません。周りの人の協力が必要なのです。 よりよい人間関係を作ることが仕事で力を発揮していく支えになります。