転職回数での会社の判断

転職回数が多いと不利になる

転職した回数は少ないほうがいいのでしょうか。

絶対に少ない方がいいかというと、必ずしもそうとは限りません。 新興系の成長企業が人を採用する場合については、中途採用の基準が比較的ゆるやかで、 転職回数をそれほど気にしないようです。

そのような企業は転職をした回数よりも、その人の成果や実績とかやる気など総合して、 ポテンシャルを重要視する場合が多いと思われます。

また職種によっても事情が異なります。IT系、特にSEの職種においては、 需要(企業側)が大変に高い状況になっています。ところが、供給(転職者)の絶対数が少ないというのが現実です。それが理由で多少のことは目をつぶって採用されるケースが多いように感じます。

年齢が40代以降なら5年おきに1社ずつ転職とういことがあっても、特別多いと判断はされないように感じます。しかし20代であればやはりネックになる可能性は大きいと思われます。

転職回数4回あればもはや致命傷

もしあなたが今までに4回以上転職をしていたのならどうすればよいのでしょうか。 例えば面接をする人事担当者はこんなことを考えています。 4回も転職している人を採用したとすると、就職してから三年以上の勤務を続けるだろうか?
能力が高くても長続きしないとダメだなという心配が出てくるのです。

そのような場合でも、転職した理由が正当なことであり十分理解できることが前提として、 その人が会社に貢献できる仕事の技量や能力面で十分であったときは、 転職回数が多いマイナス点をカバーできるかもしれません。

もし万が一、その会社に入社後しばらくして退職することになっても、年単位でしっかり働き、 その間は十分に仕事において会社に貢献していれば納得してもらえるのです。

特に人事部への入社を希望する場合については、 成功する人事の発掘ができる技量があるのかないのか、その場で判断するのは 大変難しくなります。

なので、早期の退社などを減点対象とする仕事では、 目立ちやすいということもあり、どうしても、 リスク回避型の考えにならざるを得ません。

従って、「自分を採用することで与えられるメリットと、安全性 (今回の転職では、長期でしっかり働くという決意をしている旨」 を十分に伝えることが必要になると思います。

人間というのは、そもそもが「一貫性」のある人を重視する傾向に あるので、それを人事採用の重要な要素のひとつにしているのかもしれません。

そういったことから、転職する時には、業界も職種も安易に変更することはいけません。 今後の人生のこともありますから十分に考えて結論を出すことが必要かと思われます。