初めての転職

本当に転職したい理由を考えてみることから始めよう

「仕事はさほど楽しくないみたい、でも給与が上がる」 「給与は下がるけど、仕事は楽しくできそう」 さて、あなたが転職するとしたら、どちらを選ぼうと思いますか?

最近は、給与・待遇面以外の要素を重視し、転職する人が増えています。
昔は、企業規模などで安定性や将来性を判断することができたので、 長く勤めているだけで収入も右肩上がりで増えていきました。

しかし、現在はどうでしょうか?
大手企業に勤めているからといっても安心できませんね。 また、会社に長く勤務を続けているだけでは収入が上がりません。 それは評価制度が成果主義に変わってきたためです。 ですから能力によって、大きな収入格差が生まれてしまう時代です。

そんな環境の中では、人が企業を選ぶ基準が多様になってきています。 自分にとって仕事で収入面以外で得られる「幸せ」や「満足」とは?
それぞれの指標をもとに探ることにしましょう。

自分は仕事で「どんなことで満足を感じることが出来るのか」
「勝ち組」や「負け組」なんて世間では言われていますが、 高収入やステイタスを得ている人が必ずしも「勝ち」ではないはずです。

仕事も私生活も含めて人生を楽しく過ごせている人こそ、 本当の意味で「勝ち組」といえるのではないでしょうか。

転職を考えるのは、会社に何らかの「不満」がある場合がほとんどです。 単純に「今の状況からとにかく逃げたい」との理由だけで 次の転職先を探してみても、自分が満足する転職にはなりません。

これまで自分が経験してきた仕事を思い返してみて、 「どんな所が楽しいと感じたか」を書き出してみましょう。
自分の目の前の仕事を「どう変えれば自分は幸せになれるのか」 じっくりと考えてみてはどうでしょうか。