「転職フェア」には、こんなメリットがある

転職フェアは効率良く企業の情報が入手できる

「転職フェア」は、色々な人材関連企業が主催しています。 内容やスタイルはそれぞれの企業によって多少の違いはありますが、
「フェア会場内に複数社の企業ブースを作り、企業担当者が来場者と直接対話する」 という形式をとっているのです。

転職フェアに行くとつぎのようなメリットがあります。

企業と対等な立場で、聞きたいことを質問できる
「応募するのはまだ躊躇があるが、その企業の人の話だけは聞いてみたい」 ということを少なからず考えてしまいますよね。
転職フェアでは、応募する前に企業担当者と話すことができる絶好の機会です。

本当の「面接」になると、緊張のあまり、聞きたいことも聞けないまま ということがありますが、転職フェアなら自分の知りたいことを質問できるでしょう。

企業サイトや広告ではわからない企業の「雰囲気」をつかむことができる
企業ブースで会話をする相手が、人事担当者であるとは限りません。 場合によっては現場の担当者で、入社後に自分と一緒に働く人であり、 その企業の生の声を聞くことが出来る場合もあります。

現場の人から聞く職場の雰囲気や企業風土などは、 「理屈ではない何か」を感じとることができます。

1日の間にたくさんの企業を見ることができる
転職フェアの会場には、少なくても数十社以上、多い場合には数百社の企業が一堂にあつまります。 色々な企業の情報収集の効率がとてもいいのです。

また、自分が希望する企業ブースでの話を終了した後で、 たまたま立ち寄った企業の担当者と意気投合したというような、 思いがけない「運命的な出会い」があるかもしれません。

フェアに参加した人の感想としては 「たくさんの企業と話すうちに、自分の考え方や進みたい道も整理できた」 という声があります。

そのような意見から考察すると、 企業フェアは情報収集の場だけではなく、 「自己分析」の手段としても活用できそうですね。