男子学生のスーツについて(上着編)

スーツは見た目のバランスが大事

就職活動で着るスーツ選びに悩んでいる男性は結構多いかもしれませんね。

今回は就職活動の際に着る男性スーツの上着の選び方について説明します。

なんといっても色の定番は黒か濃紺ですね。 黒の中にもいくつかの種類かありますが、濃い目のほうが表情が引き立つのでいいかと思います。

なお、体育会系の学生などはブレザーでも問題ありません。

スーツは、1着はオールシーズン着れるものを購入し、もう1着は風通しの良い春夏用のものを用意しておくといいでしょう。

ボタンは業界に関係なく、3つボタンが主流になっています。 着用する際は一番下のボタンは外しておきましょう。

サイズの選び方ですが、まず肩幅に合わせて選びます。
サイズ表示は、A体が標準、Y体が細身、AB体が大きめ、BB体がビッグサイズを表します。

着丈の基準は、腕を伸ばしたとき、上着の裾が指の第一関節で握れるくらいの長さにします。

袖丈の基準は、腕を垂直に伸ばした状態で手首から5センチ、ちょうど腕時計が見える程度の長さがいいでしょう。

標準より腕が長かったり、腕の長さが左右で違う場合もあるので、袖丈は必ず調整してください。

サイズ直しは、袖の場合は左右で約2000円くらい、丈をつめる場合が約3000円ほどでできます。 調整費用を含めると、セミオーダーメイドであっても既製品とほぼ同じ額でできる場合もあります。

スーツの上着に関して注意してほしいのは、袖丈と着丈のバランスです。

最近は着丈の長すぎるスーツを着ている人が多いです。 短すぎると窮屈に見え、長すぎるとだらしない印象や幼さが感じられます。

Vゾーンはあまりにも狭すぎるとカジュアルな印象を与えてしまうので注意が必要ですね。