ネクタイの結び方にはプレーンノットの他に多種類あります

ネクタイの結び方の種類

これからの就職活動のために、ネクタイはもう準備できていますか。 そして、ネクタイの結び方はマスターしているでしょうか?

ネクタイの結び方にも様々な種類があるのですよ。

では、これから就職活動でネクタイを結ぶ機会が増えるのが間違いない学生さんの ために、それらについていくつか紹介してみます。

まずプレーンノットですが、これはネクタイの結び方の基本中の基本です。 だからこそですが、現在主流となりつつある結び方です。

あらゆる結び方の中で最も簡単で基本的なものですね。

また、着脱によるネクタイへの損傷も少ないので万人から支持されているのです。 19世紀中頃に登場と歴史は古く、現在も使用頻度、応用範囲が一番高い結び方です。 今はスカーフのようにふんわりと締めるのがいいと思います。

次にダブルノットですが、これはプレーンノットよりも少しだけ結び目に ボリュームを与えたいときにオススメの結び方です。
一見、普通に見えますが、気がつく人には気がつくという少し粋な演出が できる結び方でもありますよ。

スモールノットは、その名の通り小さめの結び目が特徴ですね。 大きめの結び目が苦手という人の救世主となることは間違いなしです。

プレーンノット変形は、結び目が上手に作れないという方に必見の結び方です。 結び目を先に作り、それから首に通すという少し変わったスタイルですね。

これらのほかにもウインザーノットやセミウインザーノットクロスノットなどネクタイの結び方には実にいろいろな種類があるのです。 日によって結び方を変えてみるというのもいいかもしれませんね。