就職活動で履く靴(女子学生編)

一番のポイントは歩きやすさ

		
女子学生の靴についてご説明したいと思います。

まず、靴先はプレーントゥで、色は黒が基本です。

プレーンは平らな、トゥはつま先という意味で、

くつのつま先に飾りがなく継ぎ目もないタイプの靴のことです。

しかしスクエアトゥやストラップのついたタイプでも問題はありません。

でも、ハイヒールは止めたほうがいいですよ。

就職活動ではかなり歩きますので、ハイヒールでは疲れてしまいます。

歩き疲れてしまっては良い就職活動はできなくなってしまいます。

またハイヒール美しく歩くことは難しいものです。

ハイヒールで足を女性らしさをアピールしようとして、

歩き方がぎこちないようではマイナスになってしまいます。

選ぶときは必ず試着を行うようにしましょう。

俗に夕方が靴を買うのに良いとされています。

なぜなら、夕方になると足がむくんでくるからです。

朝に試着してぴったりの靴を買うと失敗します。

その靴を履いて1日中歩いてみてください。

夕方には足がむくんで靴の中で悲鳴をあげるようになります。

ストラップのタイプを選ぶ場合、1本くらいであれば問題ありません。

バックストラップは就職活動用にはあまり望ましくはありませんね。

ヒールの高さですが、3〜5センチが基本ですね。

ヒールは太めのほうが安定しますので、歩きやすいです。

また、靴を購入した後はしっかり手入れを施すことも大切ですね。

保管は脱臭炭などを入れて保管し、毎日ワックスで手入れをすれば、

しわなどができにくくなります。

着用するときは軽く磨いて、防水スプレーをかけるのもよいでしょう。

あとは、かかとが磨り減ったなと感じた場合は、

1000円程度で取り替えることができますので修理しましょう。