パソコンを使って就職活動を効率的に行おう

パソコンを使って就職活動を効率的に行おう

昔と今の就職活動で一番違う点というのを考えてみました。 それは、パソコンやインターネットがあるということではないでしょうか。

インターネットは情報がたくさんありますので、 その場に居ながらにして多くの情報を手に入れることができるのは インターネットが整備されたからでしょう。

多くの企業情報もネットから入手することもできるのです。。 ただ、今の学生も思ったほどはパソコンを使っていないようです。 これは大変もったいない話ですね。

参考までにこんな活用をすればいいと思うものを挙げてみます。

まず、自己分析についてです。
自己PRや志望動機などのエントリーシートで必ず聞かれることは ワード上に保存しておくといいと思います。

ワードなら、文字数の確認もばっちり出来ますからね。

あれこれ考えるのは、パソコンよりノートに書いていったほうがやりやすい! という方もいるかと思いますが、 文章を推敲するのは、ワードでやるほうが数段便利です。

業界研究や企業研究に関しては、ネットで企業や関連サイトを閲覧することは当然ですね。 ブックマークを業界ごとに分類していると分かりやすくて便利だと思います。

さらにここは思い切って「日経テレコン」に契約してみるのはどうでしょうか。
何が出来るの?ということですが、個別の企業に関係する過去の雑誌や 新聞記事が簡単に集められるんです。

料金はそこそこかかりますが、例を挙げると同じゼミで1アカウントを購入してみるというのも手だと思います。

OB訪問についてですが、細かいですが、礼状はメールで済ませましょう。 昔のように手紙を書いていたときに比べればかなりの時間短縮ですね。

その他では、情報の共有化が手軽かつ迅速にできるのはインターネットならではですよね。

ヤフーeグループ を活用して、同じ志をもつ仲間同士で メーリングリストを作成するのもおすすめですよ。

ざっと色々書いてみましたが、もっとパソコンをフル活用して、 効率のよい就職活動をしていただくことを願います。