就職活動に相応しい頭髪・髪型とは(男子学生編)

就職活動に相応しい頭髪・髪型とは(男子学生編)

就職活動では頭髪も非常に重要な要素になります。

身だしなみという点でも重要ですが、実は髪型は顔よりも印象に残るのです。 面接官も同じです、受験生の髪の毛で結構先入観を抱いてしまうのです。

これは例ですが、頭髪の薄い人がカツラをすると随分と若く見えたり、 長髪よりも短く刈り上げた髪の毛のほうがさっぱりした雰囲気に感じます。

実際に、就職活動の際にふさわしいヘアスタイルとは?

ここでは、男子学生のヘアスタイルについて少し考えてみたいと思います。

まず、茶髪など染髪は遊んでいる、軽薄に見られてしまいます。 特に年配の面接官に茶髪は印象が悪く見られることはあっても、 反対に良く見られることはありません。必ず黒髪に戻しましょう。 マイナスになってもプラスになることは無いと肝に銘じてください。

髪の長さについて、サイドは耳にかからないように切りましょう。 もみ上げは短か目に揃えてカットして剃刀で仕上げてください。

後ろ側は刈り上げまでする必要まではありませんが、 襟足のところで横に流れない程度に切りそろえましょう。

前髪は顔の表情がよく見えるように、髪を垂らし過ぎない。 また、髪全体を整髪剤などで立ち上げないようにしてください。

また、地肌が見えるまで前髪をきっちりと左右に分けたり、 オールバックにしてもいけませんよ。

寝癖はもってのほかです、だらしなく見えますので細心の注意を払ってください。 特につむじ部分は潰れたりすることも多いですから、鏡で後ろの部分を映して、 しっかり手直ししておくようにしましょう。

髪は乱れないように、ワックスなどを用いてしっかり固めてください。 念のために小さいヘアスプレーや櫛を携帯しておくとよいですね。

フケにも注意を払ってください。不潔は大きなマイナス点です。 スーツは黒や濃紺ですので、目立ちますからね。

髪型やスタイリングに関して、今まであまり気にしていなかった人は、 これを機会に床屋や美容院へ行って、アドバイスを受けるのもよいでしょう。

頭髪はその人の印象を大きく左右するものですから、 自分を良く見せるためにも一度見直してくださいね。

できるだけ清潔感のあるヘアスタイルで選考に臨みたいところですね。