就職活動用で着るブラウスの選び方・注意点

就職活動用で着るブラウスの選び方・注意点

ブラウスはスキッパーカラーかレギュラーカラーを選ぶようにしましょう。

ただ、スーツのVゾーンが広いにもかかわらず、 レギュラータイプのブラウスを着用すると、 その場合には胸元が地味な印象を与えてしまいます。

レギュラーカラーはVゾーンの狭い上着とマッチします。 また反対にスキッパーカラーの場合ですと、 襟幅が大きすぎるとだらしない印象を与えてしまう恐れがあります。

また、スーツの襟幅よりも外側に出ないように気をつけましょう。

スーツとブラウスの合わせたときを考慮して選んでください。 色ですが、シンプルに白が一番印象が良いと思います。 カラーシャツは余程自分に似合うという人を除いては、 やはり白にしておくことが無難であるのです。

面接ではファッションをアピールするわけではありません。

サイズは必ず試着を行って、肩と袖を合わせましょう。 袖は、腕を下ろした状態で上着から5mm程度出るのが望ましいですね。 レギュラーカラーの場合、第一ボタンは留めるようにしてください。 首周りは指が2本入るくらいのゆとりがあったほうが楽でいいです。 見た目にも自然な感じがするのです。

また、ブラウスは形状安定シャツのものであれば、 クリーニングに出さなくても家で洗濯できますし、 アイロンをかける手間も省けるのでオススメです。

ワイシャツは首まわりや袖の汚れ、しわが目立ちやすいものです。 襟首や袖の汚れは人から見ると不潔に見えてしまいます。 洗濯のときは首や袖周りは専用の洗剤で汚れを取りましょう。

そして、季節は関係なく、毎日取り替えるようにしましょう。 そのためには、最低4〜5着くらいは準備しておきましょう。

このサイトのRSSを購読する

このサイトのRSSを購読する