サラリーマンの職種

サラリーマンの職種

最近の企業では、マネージメントは正社員で行うのですが、 一般事務員などスペシャリストはアウトソーシングで 派遣社員を多く雇用していると言う現実があります。

それでは若手が定着せずに、ノウハウの継承や安定した人材育成が 出来ないと言った問題がありますが、 スキルを身に付ければどんな企業に行っても活躍できるでしょう。

ではサラリーマンの職種にはどんなものがあるのでしょう。 色々な業種はありますが商品開発やマーケティング、営業などさほど大差は無い様です。

■経営コンサルタント
企業における経営内容、状態を調査、分析し、業績アップをする為の問題点、 改善点を提案して支援を行うのが経営コンサルタントの職務内容です。
経営コンサルタントの資格は、「中小企業診断士」などがあります。

■マーケティング・リサーチャー
企業が製品開発を行う場合に、消費者の関心などの情報データや、 競業他社の動向を把握、リサーチするのが仕事の内容です。
製品の販売において、流行に敏感な消費者の関心を常に把握し、 時代をリードするマーケティング・リサーチャーの仕事は常に求められています。

■営業
得意先や顧客に商品やサービスを売り込む営業職は、固定給と歩合給がありますが、 歩合給のトップ営業マンはかなり高収入である場合もあります。

■生産管理
必要な製品量を把握し、需要に見合った生産計画を立案、 又その計画通り生産実績が出来ているかチェックを行うのが生産管理の仕事です。 企業によっては製造原価管理や生産方式の改善業務を行う場合もあります。。