農業、漁業の職種

農業、漁業の職種

農業、漁業といった職種は自営業のひとつです。
ゼロから始める場合には土地や船などが必要になります。 それだけに初期投資にかなりの資金がかかる事が多いのです。 そのような理由から親から引き継ぐケースが多いようです。

近年、田舎生活に憧れて、仕事を農業や漁業に従事した結果として、 成功される方も少なくありません。

農業や漁業は食生活に直結する仕事です。 人間が生きていく上で不可欠な職業ということになります。

自分の努力した分が実になって返ってくるのでやりがいのある職種です。 近年は食料の自給率が低いことが問題となっているので、 今後は農業や漁業に従事する人が増えてほしいものです。

■酪農家
酪農家の主な仕事というのは、乳牛を飼育して、搾乳することです。 生き物相手ですから1年365日休みはありません。
常に牛の健康に気を配り、朝早くから働きはじめることになります。 仕事はハードですが、毎日の搾乳・出荷が安定すれば高額所得も望めます。

■稲作農家
日本人は世界でも珍しく毎日お米を食べる国民です。 その主食のお米作りを行うのが稲作農家です。
今では田植えなども農業機械の発達によりさほど重労働でもなくなっています。 米が主食の和食は健康食として見直されていますので、これから期待される職業です。

■漁師
漁師は魚場の場所によって、遠洋漁業、沖合漁業、沿岸漁業と分けられますが、 遠洋漁業は何ヶ月も船の中で生活するような遠方の海で操業する事も多くあり、 その分給料も高額になります。 一般的に漁師と言うと沿岸漁業を行う人の事を言います。

■花き栽培者
鑑賞用や装飾用の花を栽培するのが花き栽培になります。 代表される品種としてバラやチューリップなどがありますが、 綺麗な花を咲かせる事は非常に大変な労力がかかります。 又、設備費や維持費もかかりなかなか利益が出ないと言われています。

■養蜂家
養蜂家はミツバチを飼育し、蜂蜜を採取するのが仕事内容です。 健康ブームの為、ローヤルゼリーは高値で取引されます。