マスメディアの職種

マスメディアの職種

マスメディアの職種は華やかな世界に思われかちですが、 昼も夜も関係なく仕事をする場合が多く、非常にハードな職種といえます。

しかし一般サラリーマンなどに比べると賃金も高くなる場合が多く それだけメリットも多いでしょう。良く聞く話としてはスタッフとして働く場合、 ある程度の学歴が無いと就職できない様でもあります。

■アナウンサー
テレビ、ラジオの番組内でニュース原稿を読んで、 情報を視聴者に正しく伝える事がアナウンサーの主な仕事です。 人気のある人はバラエティー番組の司会をしたり、 聞き取り易い声質の人になるとナレーションも行ったり、 活躍の場が広がっています。

■新聞記者
話題の事件や、特集などを電話や現地に出向いて取材します。 そして新聞記事としてレポートにまとめて発表するのが新聞記者です。 常に世の中の動向、事件に気を配り、必要とあらば夜中まで働く事が多い為、 とてもハードな職種と言えます。

■雑誌ライター
そのほとんどがフリーライターとなりますが、 主に雑誌編集者からテーマが与えられ、 そのテーマに沿った取材を行い記事にまとめます。
テーマ毎に雇用契約している様なものですから当然期日には厳しく、 時には徹夜でまとめなければならない緊急テーマもあります。

■ラジオパーソナリティー
ラジオパーソナリティーは、ラジオ局のアナウンサーが多く、 台本に従いラジオ番組を司会進行します。 音楽をかけたり、リスナーからのはがきやメールを紹介したりします。

■編集者
編集者は雑誌などの企画、製作に携わり、 人事配置や指示など幅広い管理業務を行います。

■TVディレクター、プロデューサー
ディレクターは、TV番組を制作する為の台本選定や 構成スタッフの人選を行い、現場の指示と仕切りを行います。 プロデューサーはそのディレクターを監督する役目で、 予算取りやスポンサーとの交渉などを行います。