教育に関連するの職種

難しいがやりがいのある教育の仕事

人を「教育する」事は大変難しく、常に苦労が伴います。 人はそれぞれに個性が違い千差万別なので 単に知識があるだけでは人を教え導くことは出来ません。

普通の人以上のコミュニケーション能力も求められます。 又、教育が必要なのは子供だけではなく、新しい知識や技術を習得する為には 大人でも専門学校や専門施設に通い学習する必要があります。

■保育士
保育士は0〜6歳まで義務教育就学前の子供を預かり、 日常のしつけや団体生活のルールを教えたりします。 特に女性に人気の職種ですが、近年は男性の活躍も目立っています。

■幼稚園の先生
幼稚園の先生は3〜6歳までの子供を預かって、 小学校に入学するまでの集団行動や様々な教育を行います。 保育士は国家資格ですが、幼稚園の教諭免許状が必要となります。

■学校の先生
学校の先生の仕事は、小学校では全教科の担当として教育します。 中学、高校においては専門の担当教科を教育する事になります。 小、中、高問わず、部活動の顧問も担当し、忙しい職種です。

■専門学校の先生
各種専門知識と技能を教育する事が専門学校の先生の仕事です。 コンピューター、美容、調理、アニメーションや服飾など、 ほぼ全ての技能に対して専門学校が存在します。 生徒も資格などを取得する目的で入学していますので、 教育する目的がはっきりしています。

■塾の講師
希望校に合格するために受験のテクニックや、 学校における授業の予習、復習を教えるのが塾の講師の仕事です。 合格率の高いカリスマ的な講師ともなると年収が数千万にもなります。

■職業訓練指導員
職業訓練には様々なコースが存在し、職業に必要な知識、技能を就学者に教育します。