海上自衛隊の職種

艦艇部隊と航空部隊に分かれる

		
海上自衛隊の職種について紹介します。

部隊別に要員区分が決められており、職種に分類されます。
役割分担を明確にする事で、作戦の成功にも繋がるのですね。

1.艦艇部隊
  艦艇部隊は「攻撃要員」と「船務要員」に分けられます。
「攻撃要員」
  1)運用
    艦内の運用作業全般と碇、索具などの整備をします。
  2)射撃、射管
    大砲、ミサイル、機銃などの使用、整備をします。
  3)魚雷
    魚雷など対潜武器の整備と魚雷による攻撃を行います。
  4)水測
    ソナー(目標探索機)の使用や潜水艦への攻撃や捜索を行います。

「船務要員」
  1)掃海
    機雷除去のための掃海機器の使用や機雷の処分
  2)通信
    通信機器を使用した送受信、暗号の取扱い。
  3)電測
    レーダーでの目標捜索、船の位置測定を行います。
  4)航海
    艦位の測定や操舵を行います。
  5)気象、海洋
    気象、海洋観測と器材の整備、天気図を作成したりします。

   他には電子整備などがあります。

2.航空部隊
   航空部隊には「航空操縦士」、「航空整備」、「航空基地」があります。
「航空操縦士」
  1)パイロット
   対潜航空機の操縦を行います。

「航空整備」
  1)航空発動機整備
   航空発動機の運転、整備と機上の操作を行います。

   他に航空電気計器整備や航空電子整備があり、共に整備、調整、
  操作を行います。

3.艦艇、陸上部隊
  艦艇、陸上部隊は「経補要員」、「その他」に分類されます。

「経補要員」
  1)経理
   企業と同様に金銭に関連する業務、給料計算、物品購入の支払い
  などを担っています。
  2)補給
   物品の請求や調達など管理をします。

「その他」
  1)体育
   隊員への体育の指導や教育を行います。
  2)衛生
   医官の補佐や隊員の健康管理を行います。

   他に警務、音楽、潜水などの要員に分けられそれぞれの責任と分担が
  明確になっています。