介護、福祉の職種

これからの社会に必要不可欠な仕事

高齢化社会となった今、介護、福祉の職種は社会に不可欠な仕事といえます。 しかし待遇や給与面が良くないため、人材が安定しないなど問題となっています。

介護、福祉の職業は現代社会においてはどちらかというと新しい職種です。 今後、待遇が優遇されるなど、ますます注目を浴びると思われます。 なんといっても人のためになる仕事でやりがいがあるでしょう。

■介護福祉士
今後の高齢化社会において、介護福祉士は今後ますます活躍が期待されます。 一人で生活を送る高齢者の単身世帯が増えています。そんな中で、一人生活が 困難な高齢者、障害者の食事、排泄、入浴の補助や、家族にも指導を行います。

■ホームヘルパー
ホームヘルパーの仕事は、高齢者や障害者のお宅を訪問し、掃除や食事、洗濯など 身の回りの生活の補助を行います。 ひと口に世話と言っても力仕事も多いので男性のホームヘルパーの需要が高まっています。

■臨床心理士
臨床心理士の仕事は心の病を患っている人から相談を受けて、心理学という専門的な 立場でカウンセリングを行います。

■ケアマネージャー
介護を必要とする人がいる家族からの相談に応じて、その内容に対してもっとも適正な 施設や在宅サービスを紹介します。介護事業者や市町村との調整も行います。

■児童指導員
児童指導員は自閉症や知能に遅れがある子供などの成長を補佐する仕事です。 日常生活におけるしつけや学習の指導を行い、サポートをします。 児童指導員に就くには小、中、高いずれかの教員免許を取得しているか、 養成機関を卒業している事が条件となります。

■手話通訳者
手話通訳者は耳の聞こえる人と聴覚障害者の通訳をするのが仕事です。 当然手話技術を習得していないと出来ない職種ですが聴覚障害者にとっては 非常に頼れる存在です。