事務の職種

仕事の正確さやスピードが要求される

どんな企業や業種においても事務職は必要不可欠な業務です。 事務業務の特徴は安定した仕事の正確さや速さが、常に求められています。

又、勤務する企業が大きければ事務業務の分担はより細分化されており 特定の業務内容になりますが、中小企業などの場合は大企業と違って、 色々な事務を任せられる事もあります。

■経理
企業において金銭の出入りを記録、管理を行うのが仕事の内容です。
企業によっては売上と原価計算を行って利益計画を行ったり、 合理化目標をたてるなどの仕事もこなします。

■秘書
企業における多忙な経営者などのスケジュール管理や雑務を 行うのが秘書の仕事です。
取引先や経営者等との調整もある為、ある程度のレベルの教養とマナーを 心得ていないと出来ない業務です。

■大学職員
大学運営における様々な事務業務を行うのが大学職員の仕事です。
学生募集の広報や学籍簿の管理は勿論、就職相談や企業紹介の 手続きなどさまざまな業務をこなします。

■速記者
講演や対談などにおいて、会話スピードと同じスピードで記録することが 必要となる速記は、手書きで速記符号を用いて紙に記録していく 技術があります。
記録した原稿を議事として正確に復元します。 裁判や国会をはじめ、学会や講演会など活躍の場は様々です。

■貿易事務
国際化社会となった現在は、海外との取引は企業発展において 不可欠な業務になっています。
ビジネス英語を活用し書類の作成、メールでの受発注や金銭の支払いなどを行います。 グローバルスタンダードの英語力が必要な貿易事務の求人は高くなっています。