IT関係の職種

IT関係の職種

近年すさまじいスピードで進化して、普及してきたコンピュータおよびパソコンですが、 そのスピードとまったく同化して発展してきたのがここで紹介するIT系の職業なのです。 このIT系の職業は、今後さらに専門的にそして細分化されていく事が予測されます。

■WEBデザイナー
インターネットにおけるホームページデザインを制作する仕事です。 ホームページは今や企業にはなくてはならない顔になりました。 それだけに企業紹介や商品紹介などホームページのデザインはインパクトや 利用し易さが重要になってきました。WEBデザイナーはホームページ 制作のプロです。

■OAインストラクター
OA機器(主にコンピュータのソフト)の機能説明や、その操作方法について 企業の担当者への指導などが主な業務になります。

■システムエンジニア
システムエンジニアは企業の根幹をなすシステム設計と開発を行う仕事をします。 企業の経理、総務、生産管理などの職務に必要な情報システム設計と開発を行います。 頭文字から「SE」とも呼ばれます。

■プログラマー
システムエンジニアが設計・開発したシステムをコンピュータ言語でプロミングする仕事です。 取引先の細かい要望をシステムに反映させるために、テストと修正を繰り返し行うことになります。 現実には、構築日程がよく遅れたりして、深夜残業や徹夜が必要になる事も多いようです。

■セールスエンジニア
セールスエンジニアとはコンピュータなどOA機器における商品機能の知識を熟知して、 お客様に必要な機能を説明してセールスを行う販売員です。つまり営業の仕事です。 ユーザーからの質問や商品のアフターサービスまでお客様と密接につながり面談します。

■キーパンチャー
キーパンチャーの仕事は派遣社員が多くなりました。棚卸し数量やアンケート、手書きの原稿など さまざまなデータをコンピュータに入力していきます。この仕事は正確に速く入力する事が 要求されます。ブラインドタッチは当然としてタイピング能力の高さが必要です。