アパレル関連の職種2

アパレル関連の職種2

引続きアパレル系の職種を紹介します。

6.カラーリスト
 デザインにおける色彩のスペシャリスト。
 もともとはデザイナーがカラーリングを行っていたのですが、
 専門職になってきたのは近年の事です。
 流行色をより敏感に分析し、デザインと組み合わせる事で  最高のイメージの演出となります。  色の果たす役割が高まってきている事で専門職の必要性が高まってきたのです。

7.生産管理
 「モノ」を生み出す業種には常に必要な裏舞台のプロデューサーです。
 生地の調達や服飾の福祉材の調達、生産工場との折衝や生産計画など  生産工程における全てを管理する。

8.セールスマネージャー
 販売のプロフェッショナルで、販売戦略の実践、ブランドの個別ショップの  サポート、販売先の開拓やセールス活動など営業管理も行う。  売上が伸びるかどうかはセールスマネージャーの腕次第です。

9.ショップマネージャー
 「店長」の事です。
 当然個々のショップにおける総管理を行いますので「人、物、金」を使い、  最大の成果を上げなければなりません。
 お客様との接点でもあるショップの責任者の為、現場最前線の指揮官であると言えます。

10.バイヤー
 近年人気が急上昇しているバイヤーの仕事は、各ショップのコンセプト、 顧客のターゲットを理解し、商品の買い付けや交渉を行う。
 時には決断力も必要だが地盤にはしっかりしたビジョンを持って買い付けしないと  後で大変な事になってしまうので責任のあるポストである。