アパレル関連の職種1

デザインから製造・販売・広報など様々な職種

常に流行の最先端を行くアパレル関係の職種について紹介したいと思います。
私達がパッと思いつくのは、店頭の販売員がアパレル系の仕事と言う事でしょうが、 他業種と同様に様々な職種があり、各自が役割をキッチリ果たす事で業界が成立っています。

1.ブランド・マネージャー
 TVや雑誌等で紹介される事もありますが、ブランドにおける全体の総括責任者です。

2.デザイナー
 常に流行の先を読み、また流行を作っていくクリエーター。
 消費者の望む商品のデザインをすると共に、ブランドコンセプトや自らのイメージを具現化する。

3.パタンナー
 デザイナーのデザインを「パターン」と言われる型紙を作成し、立体的な服の形に仕上げる。
 デザイナーとのコミュニケーション力が要求される職種。

4.プレス
 ブランドにおけるイメージを演出し、報道関係者や世間に伝える広報の窓口。  ファッション業界における動向や、競業他社の動向なども把握し、自社ブランドの  宣伝をどうすれば良いか常に考えなければならない。

5.マーチャンダイザー(MD)
 ブランドにおける商品企画から販売まで、商品に関しての総責任者をいう。
 ブランドのコンセプトに即した商品の企画から商品化、販売に至るまでの、  売上、利益、人事管理など全責任を負う。
 よって、一般企業以上に広範囲のスキルが要求されるポストである。

ここまでで紹介した職種は主にブランドを規格、経営していく重要なポストである。 簡単になれる職種ではないが、アパレル系に勤めるなら知っておきたいものです。